ドラゴンランス年代記
Advertisement

株式会社アスキー(かぶしきがいしゃ、ASCII CORPORATION)とはかつて存在した角川書店グループの企業。現在の社名は株式会社アスキー・メディアワークス。現在のドラゴンランスシリーズの版元である。

ドラゴンランスとの関わり

アスキーは、2002年に米Wizards of The Coast社からダンジョンズ&ドラゴンズ小説の全版権を取得、かつて富士見書房で刊行されていたドラゴンランス・シリーズを一部復刊したのに加え、未訳作品や最新作品の邦訳を刊行した。

もともとは、1977年に西和彦と塚本慶一郎(後に独立して株式会社インプレスを設立)が月刊アスキーなどの雑誌を発行するために設立した会社である。ゲームソフトなども手がけていた時期もあり、その業務関連性の高さから、ドラゴンランス・シリーズの刊行に取り組むことになったと思われる。

ドラゴンランス・シリーズの大半の書籍が、株式会社エンターブレインと共同で出版にあたっていたため、現在大半のドラゴンランス・シリーズ書籍が廃刊状態となっているが、復刊の可能性はあるという。

2008年4月1日付で同じ角川グループ傘下のメディアワークスと合併、消滅会社となったため、現在はアスキー・メディアワークスとなった。なお、メディアワークスはかつてダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)のルールブックや小説、リプレイなどを文庫形式で発売していたこともあった。

主な雑誌・書籍

※現在はアスキー・メディアワークスが発行している

  • 月刊アスキー
    • AhSKI!(年刊ア・スキー)- 月刊アスキーのパロディ版
  • アスキーPC Explorer
  • 週刊アスキー
  • アスキー・ドットPC
  • MACPOWER
  • MacPeople
  • ネットワークマガジン
  • UNiX MAGAZINE
  • Linux magazine
  • BSD magazine
    • パロディ版 年刊 BSD magazine

以下は関連会社「エンターブレイン」に出版元が移った。

  • ログイン
  • ファミ通
  • テックウィン(2003年までアスキー発行)

主なゲームソフト

アスキーは2002年にゲーム開発・販売から撤退している(ゲーム周辺機器事業はサミーが継承)。

  • ボコスカウォーズ
  • Emmyシリーズ
  • ザ・キャッスルシリーズ
  • エグゾアシリーズ
  • 賢者の遺言
  • ベストプレープロ野球シリーズ
  • アムノーク
  • ダービースタリオンシリーズ
  • ウィザードリィシリーズ(PC-9801・PC-8801・X1・FM-7・ファミコン・ゲームボーイ)
  • RPGツクールシリーズ

外部リンク

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、アスキー (企業)にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ドラゴンランス年代記と同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Advertisement