ドラゴンランス年代記
Advertisement

ピーター・アドキンソン(Peter D. Adkison)は、Wizards of The Coast(WOTC)の創立者の一人で、ゲームデザイナー。CEO在任中の1997年にTSRの買収を行い、ドラゴンランス・シリーズの方向性を定めるのに一定の役割を果たした。

経歴

アドキンソンはWOTCのCEOに在任中の1997年、財政難に陥っていたTSRを1997年に買収したが、実は彼自身がダンジョンズ&ドラゴンズの熱烈なファンであった。この買収について、WOTCがTSRを丸ごと買収したため、ゲームタイトルがバラバラに売られることにならずに済んだと、マーガレット・ワイスは歓迎するコメントをしている。

買収後、アドキンソンはドラゴンランスが停滞している原因を突き止めるべく、すでにTSRを離れていたマーガレット・ワイスとトレイシー・ヒックマンらに協力を要請、『ドラゴンランス 魂の戦争』三部作を執筆するきっかけを作った。

2001年にWOTCをアメリカの大手玩具メーカーのハスブロへ売却、現在はHidden City GamesのCEOを務める。GenConの所有者でもある。

Advertisement