Advertisement

富士見書房

富士見書房(ふじみしょぼう)は、ライトノベル小説をはじめ、漫画などを出版する角川グループホールディングス系列の出版社である。1980年代~90年代にかけて、ドラゴンランス・シリーズ書籍を「富士見ドラゴンノベルズ」の名前で出版していた。現在は刊行書籍は全て廃刊になっており、翻訳権はアスキー(現アスキー・メディアワークス)に移っている。『ドラゴンランス英雄伝』など、アスキー版では刊行されていない書籍もあるため、現在もオークションで取引の対象となっている。

概要

元々は角川書店の子会社として設立された。東京都千代田区にある角川書店の用地にオフィスを構えてスタートしたが、そこの住居表示が富士見である事が社名の由来。1991年に角川書店に合併され角川書店富士見事業部となったが、2005年10月1日より合併以前と同じ独立会社となっている。ただし販売機能は変わらず角川書店にあり、後述の漫画雑誌から出される単行本は角川書店発行、発売は2006年までは角川書店、2007年以降は角川グループパブリッシング名義となっており、営業も角川グループパブリッシングに依存しているが、広告上ではその名前は出していない。

以前は官能小説や時代小説など時勢に応じて売れるといわれた本の出版を得意とし、どちらかといえば国文学系に強い角川系の出版社の中では際物を中心に扱う出版社として知られていた。平成期に入って以降は富士見ファンタジア文庫を中心とするライトノベル関係の書籍などとそのメディアミックス展開、関連商品が売り上げの中心となっている。また、創刊70周年を超える雑誌『俳句研究』を刊行していた経緯から、俳句関係の書籍も発行している。2007年には映画『口裂け女』のノベライズや『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などの一般向け単行本の発売など、一般層にアピールした書籍の発売の強化を始めた。

また、平成期以降に発展したジュブナイルポルノという分野については、昭和末期に富士見書房が刊行していた『富士見美少女文庫』がジャンル自体の端著を開いたと言われているが、現在、富士見書房としてはこのジャンルには展開していない。

なお、富士美出版とは何の関係もない。

文庫レーベル

  • 富士見ファンタジア文庫
  • 富士見ミステリー文庫
  • 富士見ドラゴンブック

以下のレーベルは2006年現在、ほとんどの出版物が絶版となっている。

  • 団鬼六文庫
  • 富士見文庫
  • 富士見ドラゴンノベルズ(ドラゴンランス・シリーズもこの中に含まれる)
  • 富士見時代小説文庫
  • 富士見ロマン文庫
  • 富士見美少女文庫

ライトノベル雑誌

  • ドラゴンマガジン
    • ライトノベル雑誌では数少ない月刊誌であったが、2008年に隔月刊化。創刊当初から漫画連載も行った。
  • ファンタジアバトルロイヤル
    • ドラゴンマガジン増刊の季刊誌。2007年休刊。

漫画雑誌

  • 月刊ドラゴンエイジ
    • 月刊コミックドラゴン、月刊ドラゴンジュニアを統合して2003年4月に創刊。
  • ドラゴンエイジピュア
    • 月刊ドラゴンエイジの増刊、のちに隔月刊化した。

外部リンク

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、富士見書房にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ドラゴンランス年代記と同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。